DWS-XM03 BISON

ラインナップ最大の大きさ、重量、スピード、パワー。

何処までも走破する能力。

2つの高性能カメラを搭載し、調査・捜索から災害地への物資運搬、警備・防犯など、

様々な用途にカスタムして使用できる、多用途大型機です。

ラインナップ中最大サイズと最大のパワーを持つBISONは、圧倒的なスピードとトルクで悪路を失速することなく駆け抜け、フロントカメラとリアジンバルカメラの2つの目により、様々な角度から多様な画像を記録できる大型機です。

 

トンネルや、がれ場での調査・捜索、人が入ってはいけない危険地帯での計測や物資の運搬、建物や広い土地の警備などで多角的に画像を映し出し、記録していきます。

 

カメラの伝送はフロント部のCONNEX Pro Sightとリアジンバル部のアナログ5.8GHzを標準で採択。フロント部のCONNEX Pro Sightは720のHD画像を超低遅延で無線伝送し、操縦者や現場監督に鮮明なデジタル映像をリアルタイムに映し出します。リアジンバルカメラは同サイズのカメラであれば付け替えが可能となっており、4Kデジタルカメラや赤外線サーモグラフィカメラなど、目的に応じたカメラを取り付けることができます。

また弊社で綿密に再調整した世界トップレベルの性能を誇るリアジンバルは、悪路での撮影でも、機体の傾きや上下の揺れなどのブレのない鮮明な映像を捉えます。

フロントカメラは、サーボ付きのため、上下のティルト(上下)、リアジンバルはパン(回転)とティルトを送信機にアサインすることにより、トンネル内部の気になる劣化箇所や広大な危険地帯での調査時などにカメラを自由に振ることができます。

 

BISONの最大の特徴はその圧倒的なパワーとスピードです。それによりカメラでの撮影だけでなく、物資の運搬など他の機体にはない多方面での運用も可能となっております。

またそれらを支える足回りは、スプリングの調整からダンパーオイルの調合まで、独自にカスタムチューンされたサスペンションにより、人が立ち入りずらい災害地の悪路などで強靭な力を発揮します。

 

天板サイズも最大を誇り、カスタムにより他の機体よりも多くの機器取り付けられるを、大型陸上型調査ドローン
です。

サイズ

410mm

240mm

600mm

使用用途

特徴

災害地調査

危険地帯

物資運搬

パワー

トルク

スピード

トンネル調査・検査

警備・監視

防犯

大積載量

捜索

対応可能な伝送装置

CONNEX® Industrial

CONNEX® Pro Sight

アナログ5.8GHz

拡張性

防水範囲
約150mm

防水範囲

基本装備

カスタム例

フロントカメラ:
CONNEX ProSight

リアカメラ:4Kカメラ

赤外線サーモグライフィカメラ

同梱物一覧

機体(DWS-XM03 BISON)/ 送信機(T18SZ)/ 4Kカメラ / CONNEX ProSight / 6,700mAh 4S Lipoバッテリー×2本 / 4,000mAh 3S Lipoバッテリー×1本 / デジタル4Kモニター / デジタル4Kモニター用バッテリー×2個 /

アナログ5.8GHzモニター / HDMIケーブル / microSDカード /SDカード / バッテリーケース / 機体用充電器 /
デジタル4Kモニター用充電器 / ポータブル電源 / 送信機ストラップ / 三脚×3個

伝送 & モニタリング

 

世界トップクラスの伝送距離・超低遅延を誇るCONNEX Pro Sightと5.8GHzアナログ伝送の2つを装備。

デジタルとアナログの画像を、2つのモニターに伝送します。

フロントに搭載したCONNEX Pro Sightは、720HDでデジタルのまま無線伝送され、劣化のない生の鮮明なHD画像をリアルタイムで見ることができます。Pro Sightから伝送された映像は、デジタルモニター側で720HDの動画としてSDカードに録画することが可能です。

 

またリア用に弊社で再調整したカメラの付け替え可能なジンバルは、アナログ5.8GHzを伝送し、ブレのない映像をリアルタイムで見ながら詳細に必要な情報をしっかりと記録することが可能です。

 

機体後部のジンバルは、標準で5.8GHzアナログ伝送を搭載していますので、赤外線サーモグラフィカメラ「FLIR Duo R」をそのまま取り付けて伝送することができます。

ジンバル & カメラ

Pro Sight標準装備の720HDフロントカメラと、用途によりカメラの変更が可能な後部3軸ジンバルカメラの2つの目により、より多くの、より必要な情報の記録を実現しました。

フロントには、解像度720HDを誇るPro Sight標準装備のデジタルカメラを定点で搭載。低い視点からの広角映像をデジタルで捉えます。

陸上型調査ドローン用に綿密に再調整された後部ジンバルは、4Kデジタルカメラと赤外線サーモグラフィカメラ「FLIR Duo R」の両方を選択して搭載することができます。

 

Duo Rに対応するため、後部ジンバルの伝送はアナログですが、4Kカメラを搭載している場合は、カメラ本体で4K録画することが可能ですので、現場から持ち帰りブレのない高精細な4K映像を見ながら、綿密に精査することができます。

リア3軸ジンバルに赤外線サーモグラフィカメラを搭載しモニタリングした例

アナログ5.8GHz伝送

拡張性

無限大の拡張性。

ラインナップ中最大の

機器搭載スペースを確保。

ラインナップ中最大の機体サイズを誇るBISONは、その積載スペースも最大を誇り、また驚異的なパワーを兼ねそなえることで、使用用途に応じたカメラ以外の計測機器をより多く搭載することが可能です。

牽引力もシリーズ最大を誇り、災害時の物資運搬などにも力を発揮します。

赤外線サーモグラフィカメラを搭載することで、捜索や警備・
防犯にも使用用途が
広がります。

熱を可視化するという特性を活かし、人が発する熱を捉えることで、雪山での遭難者の捜索や夜間の施設内の警備、防犯、徘徊などの監視にも有効活用できます。

駆動系

スピードを最大限に引き出した設計の駆動系は、標準で時速約50kmを叩き出せる驚異のパワーを誇ります。

スピードとトルクを絶妙なバランスでギヤ比調整を施し、悪路でも重い積載物を載せたり牽引できるパワーを引き出しました。

 

またBISONは、4セル6,700mAhリポバッテリーを2本搭載し、他を凌駕する圧倒的なスピードとパワーを兼ね備えた大型機体ですので、標準で時速約50kmで走行することができます。カスタム次第で最高約80kmを叩き出すことも可能で、警備や防犯用途にも活用することができます。

足回り

凄絶な走りをサポートする、極限まで

研ぎ澄まされた独自設計の足回り。

強力なトルクを誇るBISONは、その駆動系に十分に耐えられるようスプリング、ダンパーオイル、各足回りを支えるシャフト、ベアリング、ナットに至るまで、全てをリコンストラクトしております。

 

がれ場、砂利道、水場などの悪路でも失速・横転することなく走破できるよう設計しました。

走り

BISONは圧倒的なパワーで新雪の

積もる路面でも縦横無尽に走ります。

BISONの持つその強力なパワーは、柔らかい新雪の上でも力強く走行し、雪山での捜索にも能力を発揮します。

防水

激しい走りでも水を寄せつけない

最新鋭の防水加工。

モーター、アンプなどの伝送系からバッテリーのコネクターに至るまで、全ての足回り・駆動系に防水加工を施していますので、15cm程度の水たまりやぬかるみ、水流のある下水道、土砂災害地や水路、河川周辺などの調査にも対応できます。

機体ご導入・施工のご依頼・お問い合わせはこちら

CONNEX Pro Sight運用には、三級陸上特殊無線技師の無線免許と
無線開局申請、JUTMへの入会と運用調整が必要となります。

ホーム

© Diesel Workshop inc.  All Rights Reserved.